JOY ROOM SPECIAL CONTENTS

女性のココロとカラダの基礎知識

100年人生をより幸せに生きるために!

LESSON 1CHECK!生理の健康度チェック

働く女性の調査によると(※)、月経に関する異常が過去または現在ある人は約半数、同様にPMS(月経前に起こる心身の不調・月経前症候群)がある人は約70%。月経の様子は人と比べにくいので、「これくらいは当たり前…」と、“異常を見逃している”ケースもあると推測すると、実に多くの女性が月経に関連する症状に悩まされているといえます。改めて月経にトラブルがないかどうかチェックしてみましょう。

※ 日本医療政策機構 「働く女性の健康増進に関する調査」2018

まずは、「正常な月経」を確認しよう

以下のような月経が「正常」な月経とされています。一緒に確認していきましょう。

正常な月経5つのPOINT

  • 月経周期:25~38日 変動が6日以内
  • 持続日数:3~7日以内
  • 月経血量:20~140g
  • 月経障害(月経痛や月経前の心身不快症状):なし~軽度
  • 凝血(レバー状の血の塊):なし

「月経周期」とは、月経が始まった日を1日目として、次の月経の前日までを1周期とします。

月経の症状 チェックリスト&解説

月経不順を放置していたり、ひどい生理痛を我慢していたりしませんか? 上記「正常な月経」の範囲に当てはまらない、次のような項目が見られる場合は、その背景に女性特有の健康課題が潜んでいるケースがあります。併せて受診の目安も確認しておきましょう。

月経周期が24日以下、または38日以上

24日以下は「頻発月経」、38日以上3カ月未満は「希発月経」の可能性がある。これらの場合、排卵が上手くいっていないケースが考えられ、不妊の原因になることも。

受診の目安こうした状態が3周期続くようなら、婦人科の受診を。

月経が3カ月以上来ない

「続発性無月経」の可能性がある。ストレスや不規則な生活などでホルモンバランスが乱れていることが考えられるが、子宮や卵巣、甲状腺の病気が潜んでいる可能性もある。

受診の目安今まで来ていた月経が3カ月来ない場合は、すぐに婦人科の受診を。

月経日数が8日以上、または経血によりナプキンが1時間前後であふれてしまう

「過長月経」、経血が140g以上と多い場合は「過多月経」の可能性がある。背景に、「子宮筋腫」が潜んでいるケースがある。

受診の目安こうした状態が見られたら、早めに婦人科の受診を。

月経時にドロドロとしたレバー状の経血が出る

子宮筋腫などが原因の「過多月経」の可能性がある。

受診の目安こうした状態が見られたら、早めに婦人科の受診を。

月経日数が2日以内、または月経時に経血がおりもの程度しか出ない

「過短月経」、経血量がおりもの程度と少ない場合は「過少月経」の可能性がある。背景に、排卵が上手くいっていない「無排卵」や、子宮の機能が未発達な「子宮発育不全」などが見られるケースがある。

受診の目安こうした状態が見られたら、早めに婦人科の受診を。

「月経痛がひどく寝込む」、または「1回の月経で鎮痛剤を5錠以上服用する」

ひどい痛みを伴う場合は、子宮内膜症の可能性がある。

受診の目安こうした状態が3周期続くようなら、すぐに婦人科の受診を。

月経痛が年々ひどくなる

ひどい痛みを伴う場合は、子宮内膜症の可能性がある。

受診の目安こうした状態が見られたら、早めに婦人科の受診を。

月経がはじまる3~10日前から、強い眠気や下腹部痛、イライラなど、心身の不調が起こる

PMS(月経前症候群)の可能性がある。

受診の目安こうした状態が3周期続くようなら、婦人科の受診を。

月経期間ではない時に、出血が見られる

排卵時に少量出血することもあるが、「不正出血」は、子宮筋腫や子宮がん、ポリープなどの疾患が潜んでいる可能性もある。

受診の目安不正出血を繰り返すようなら、早めに婦人科の受診を。

気になることがあれば、“産婦人科医に相談” が正解!

月経の症状や周期は、疲労度や心身のストレス度によって乱れやすいという特徴があります。ただ、月経のトラブルと婦人科のトラブルは関連が深いという側面もあるので、気になることやいつもと違うことがあれば、早めに婦人科医に相談することをおすすめします。

月経のトラブルを放置することで、不妊につながるケースもあり、望んだ時に妊娠しにくくなることも知っておいてください。

冒頭にもお話ししたように、月経は個人差もあり、他の人と比べることが難しいもの。だからこそ、「正常な月経」を知り、トラブルを放置したり、我慢したりしないことが大切なのです。くれぐれも「どんな生理でも、生理があれば健康」、「生理はつらいのが当たり前」と思い込まないでくださいね。

監修
丸の内の森レディースクリニック 院長/医学博士
株式会社WOMENS`HEALTH 代表取締役
宋 美玄(ソン ミヒョン)